トップページ> 活動報告> 研究会_20130414

研究会

分科会研究会のご案内と開催報告です。

研究会「モンゴルにおける災害と人間活動の変容」(終了しました)

2013年04月14日(日)、奈良女子大学(文学部南棟S128)にて、沙漠誌分科会研究会「モンゴルにおける災害と人間活動の変容」を開催いたしました。

【プログラム】

開会の辞 牛木 久雄(沙漠誌分科会会長)
趣旨説明 渡邊 三津子(奈良女子大学共生科学センター)

上村 明(東京外国語大学)
    「モンゴル国牧畜世帯における移動と生計」
尾崎 孝宏(鹿児島大学)
   「自然環境利用としての土地制度に起因する牧畜戦略の多様性」
中村 知子(茨城キリスト教大学他)
   「社会主義時代におけるモンゴルの雪害対策-制度と実践分析」

コメント 縄田 浩志(総合地球環境学研究所)
コメント 小宮山 博(国際農林水産業研究センター)

総合討論 閉会の辞 豊田 裕道(沙漠学会会長)

【場 所】  奈良女子大学 文学部南棟S128教室

【会 期】  2013年04月14日(日) 13:30-16:30

【主 催】  日本沙漠学会 沙漠誌分科会

【共 催】  奈良女子大学共生科学研究センター

【お問い合わせ】
  奈良女子大学共生科学研究センター
  〒630-8124
  奈良市北魚屋東町コラボレーションセンターZ107
  TEL:0742-20-3687(代表)