トップページ> 活動報告> 研究会_20150221

研究会

分科会研究会のご案内と開催報告です。

シンポジウム「中東地域の水資源と環境—伝統と変容、過去から未来へ—」(秋田大学)

2015年2月21日(土) 秋田大学ベンチャーインキュベーションセンター207号にて、シンポジウム「中東地域の水資源と環境—伝統と変容、過去から未来へ—」を開催します。皆さまのご参加をお待ちしております。

【場 所】   秋田大学ベンチャーインキュベーションセンター207号

【会 期】  2015年2月21日(土)  14:00-18:00

【主 催】  早稲田大学イスラーム地域研究機構、総合地球環境学研究所CR事業「半乾燥地の林産資源の活用と管理」

【共 催】
鹿島学術振興財団研究助成「乾燥地域における水資源管理をめぐるイスラーム的合意形成―ナイル川流域とアラビア半島の比較」
日本沙漠学会沙漠誌分科会

【プログラム】
総合司会 深見奈緒子

14:00−14:05 開会の辞
 桜井啓子(早稲田大学イスラーム地域研究機構長/国際学術院教授)
14:05−14:10 趣旨説明
  縄田浩志(秋田大学国際資源学部教授)
14:10−14:50 発表1
  岡村知明(国士舘大学イラク古代文化研究所共同研究員)
  「インドの歴史的居住環境と水利建造物―カティアワール地方・マングロール市の調査報告より」
14:50-15:30 発表2
  竹村和朗(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)
  「エジプトにおける水資源開発と国家:トシュカ計画の事例から」
15:30-15:45 コメント 深見奈緒子(早稲田大学イスラーム地域研究機構招聘研究員)

休 憩

16:00-16:20 発表3
  佐藤尚平(金沢大学人間社会研究域法学系准教授)「アブダビ調査報告」
16:20−16:40 発表4
  吉村武典(早稲田大学イスラーム地域研究機構次席研究員)「エジプト調査報告」
16:40-17:10 発表5
  縄田浩志(秋田大学国際資源学部教授)
  「地球の未来への要としての水―「貧而無怨難、富而無驕易」
17:10–17:30 コメント2 牛木久雄(一般財団法人片倉もとこ記念沙漠文化財団代表理事)

総合討論 17:30-17:55 司会:深見奈緒子

閉会の辞 17:55-18:00 縄田浩志

【お問い合わせ】
  秋田大学資源学部 縄田浩志
   e-mail: nawata(a)gipc.akita-u.ac.jp